美容関係

妊活のことで複雑な気持ちになること

1年前に都内にあるタワーマンションに引っ越してきました。
引っ越してきた時は私と夫の2人暮らしでしたが、今お腹に赤ちゃんがいるので3人家族になる予定です。
今のマンションを選んだのは、子育てをしやすそうな環境にあると思ったからです。
でも最初はなかなか妊活がうまくいかず、気持ちがめいることがよくありました。

うちのお隣にも、同世代の夫婦が住んでいます。
とても話しやすいご夫婦で、これまでになんどか4人で食事をしたこともありました。
先日もお隣さんからメールで食事の誘いを受けました。
そのため、「お食事ぜひご一緒しましょう!でも実は今つわりがあるのであまり食べられないかもしれません」と返事をしました。
お隣さんに妊娠のことを伝えたのはそのメールが初めてでした。

そしてその夜4人で食事をしたのですが、予想外に妊娠に関する話題になることが一度もありませんでした。
お隣さんから何か声をかけられるかな、と思ったのですがそれが無かったのでこちらからも何も言わなかったのです。
もしかしたらお隣さんは妊活していて、あまりうまくいっていないのかと考えました。
妊活はとてもデリケートなことです。
もしお隣さんも妊活中だったら、いつかお互いの子供を連れて遊べる日が来ればうれしいです。

参考:ピニトール サプリ
URL:http://www.kalurghat.com/

今流行のプチ肌断食に挑戦中!!

美容のためにしている事、、、気をつけている事、、、それは、プチ肌断食です。今巷で密かなブームですね。

現在は服でも物でもなんでもあり過ぎで、与え過ぎの時代なんだとか、確かにね、、、肌も色々と与えすぎている様な気がします。化粧の一連の手順をみていると、クレンジング、洗顔、パック、化粧水、美容液、乳液、クリームとこれでもか?というくらいつけないと、いけなくなってきていますしね。

いつだったか某テレビ局の「ためして○てん」なる番組で化粧をまったくしない八十代のおばあちゃんと、美容化粧マニアの四十代の女性の肌対決をしていましたが、八十代のおばあちゃんの方が勝っていました。美容化粧マニアの四十代の女性はかなりショックだったみたいです。その番組では、肌に外部からの刺激を与えすぎると肌トラブルの元であるという内容でした。

そんな訳で、私はプチ肌断食をしています。やり方は至って簡単!!朝は、外出したりするので日焼け止めをつけたり、メイクをしたりしたいので、普通に化粧水と乳液とファンデーションとつけています。(ただし、石けんのみで落ちる様に、ミネラル系の化粧品です)それで、夜は、石けん洗顔をした後は何もつけずに寝ます。つまり、夜だけ肌断食なのです。

うーん、効果のほど?よく分からないけど、つけてもつけなくても同じ気がします。化粧品代の節約??それに、暑い時期はどっちみち汗で取れますしね。ただし、エアコンはつけないで寝ます。(これ大事)

仕事中の汗の臭いに悶絶

私は車のフィルム・ステッカーやオリジナルペイントを施す仕事を個人でやっているのですが、汗の臭いについては毎度悩まされます。仕事場はシャッター付きガレージ内の中で、夜中にシャッターを閉めて行います。

塗料や薬品の臭いだけでもきついのですが、シャッター内は冬でもけっこうな暑さで汗をかき、その臭いが混じって頭がクラクラするのです。

もちろん換気、空気清浄はしているのですが追いつきません。シャッターを全開で作業したいところですが、光、臭い、音、近隣に迷惑をかけるわけにはいきません。

徹夜作業前、作業中は糖分を多めにとるのも関係しているのかもしれません。

作業後すぐにお客さんが車をとりに来る場合がありますが、その時は大変です。眠い体にむち打って風呂に入り、一応の身だしなみを整えます。それでも実は臭ってるんじゃないかと心配になってしまいます。

趣味が高じての仕事なので楽しいのですが、この臭いがなんとかなればいいのに…といつも思っています。

デオドラントクリーム:ラポマイン
URL:http://www.karaman-dizajn.com/

サプリメントの活用で美容栄養素の不足を補う

食物繊維にビタミン、ミネラルにコラーゲン・・・美容に不可欠な成分は山ほどあるのに、毎日の食事では絶対追い付かないんですよね。
ずっとサプリメントとなると種類が多すぎて選びきれないし、なんだかきちんと食事からとりたくてサプリメントは敬遠しがちだったんです。
そもそもそれぞれの栄養素の1日の目安摂取量を食事でとろうとすると量がすごくてとても食べきれるものじゃなく、しかもそれだけの品数毎日続けるとなるとお財布とのにらめっこにもなっていました。

年齢とともにシミやシワ、肌の張りなど、トラブルのほうが努力を上回り始めて最近サプリメント生活始めました。
最初は便秘からの吹き出物やポッコリお腹が気になって、パウダーの食物繊維を試してみたのですが、これが食事に混ぜてもいいタイプで使い勝手がよくすっかり愛用品になったんです。もちろんお通じも改善されました。
こんな手軽にしっかり効果があるなんて!と感動しすっかりサプリの信者に。
でもやっぱり種類が多くて迷うので、基本的にはマルチ○○と言ったように、1粒で色んな種類の栄養素が含まれているタイプのものをチョイスしています。

なぜ今まで活用してこなかったのかと思うほど悩みが改善されています。
これからもサプリにしっかり毎日の健康と美容をサポートしてもらいます。
個人的なおすすめはマルチビタミン!吹き出物がすっかり綺麗になりましたよ!

美容の為に気を付けている髪の事

美容に関しては、特に髪の毛に気を使っています。髪の毛が綺麗だと、人に与える印象が良いからです。その為、美しい髪の基礎となる頭皮の地肌ケアに力を入れています。

普段の生活の中で、頭皮や髪の毛にダメージを与えることは多いです。仕事場では、髪をまとめないといけないので、ワックスやスプレーを使っています。確実に美容に悪いと思いますが、職場の規則なので仕方がありません。

だからこそ、帰宅後や休日には、髪の毛に負担が掛からないようケアします。ワックスなどの整髪料が、毛穴に詰まらないよう丁寧に洗髪します。地肌を揉み込むように洗えば、同時に顔のリフトアップ効果も期待できます。洗髪には、肌に優しいオーガニックのシャンプーを使っています。洗浄力があり過ぎると、頭皮が乾燥しフケが出やすくなるからです。

また、髪の毛の紫外線対策もしています。以外と見落としがちですが、肌が日焼けするように、髪の毛も紫外線の影響を受けます。外出する時は、紫外線カットのトリートメントをつけます。

以上が、髪の毛の美容の為に気を付けている事です。

入浴の際はぬるめのお湯で

今回は女性の皆さんのお悩みである美容についてをテーマにして書いていきたいと思います。

今の季節北海道はとても寒いです。今日は暦の上では立春ですが積雪はいつもと変わりません。
肌も乾燥、肌荒れ、シワ、シミが気になります。

なので、今回は私が実践している美容について気をつけていることをご紹介します。
入浴の際はぬるめのお湯で20~30分ゆっくり浸かることです。それと足湯をすることによって冷え性対策をすることができます。大体足湯も30分程度を目安にすると良いです。

入浴後はひざ、ひじ、かかとにクリームを塗って保湿をすることです。洗顔の時は水で洗うと毛穴がしまってしまうのでぬるま湯での洗顔が効果的です。お風呂から上がったら体を冷やさないために靴下を履くことです。その際は五本指の靴下を履いて寝るのもいいと思います。

外出は冬でも紫外線UVカットの下地クリームを付けて、ファンデーションはリクイッドタイプを付けてから、パウダータイプを薄く付けてオッケー!口紅も保湿タイプのものを付けることをおすすめします!

美容のために食べ方に気を付けています

そろそろ肌や健康が気になる年齢になってきました。若い頃はメイクで着飾ることばかり考えていましたが、最近は美容のために食事や運動に気を配っています。中でも特に食べるものと食べ方に気を付けるようになりました。

食べるものは、低GI食品を選ぶようにしています。低GI食品とは、血糖値の上昇が緩やかな食品のことです。血糖値が急激に上昇すると太りやすいですし、体調にも異常をきたします。糖尿病の人も低GI食品をすすめられているので、健康や美容、ダイエットには最適です。

また、食べる順番も野菜を先にとると糖と脂肪の吸収を抑えることができます。ただし、芋類や根菜類はGI値が高いので注意が必要です。

食べるものと食べ方に注意を払うようになってから、各段に素肌が綺麗になりましたし、体重も程よく減りました。変にダイエットして肌をボロボロにしてしまったり、空腹でイライラするよりも良いので、是非色んな人に試してもらいたい美容法です。

美容の為に気を付けている事は肌の保湿

私が美容の為に気を付けている事は肌に関しては保湿です。乾燥と紫外線は肌をより老化させると聞きましたので夏場は特に極力、陽に焼けない様に気をつけています。UVカットの日傘や帽子や手袋や化粧品を駆使して外出します。

後は秋冬の空気の乾燥に対処するようにファンデーションはパウダーからしっとりとしたクリームタイプに変えてなるだけお粉を使わない様にアイシャドウもクリームタイプを使用します。部屋には加湿器を置き朝晩、洗顔後にはナノスチーマーでケアしてします。目の周りは特に乾燥しやすいので出先でもアイクリームを塗るようにしています。

髪に関しても髪に優しい成分のシャンプーやコンディショナーを使い時々ヘアクリームでお家エステしています。髪も毛先が乾燥するのでヘアオイルを塗り込む事を忘れません。手指も水仕事で荒れてはいけないので必ずゴム手袋をしてハンドクリームやネイルオイルをたっぷりすりこんでいます。

後は三食の食事を野菜中心でしっかり摂る事や睡眠時間もしっかり取るよう気をつけています。

冷え性を防止して体の代謝をアップする飲み物を

私は冷え性なので、これからの季節、特に冬場は体の末端がとっても冷えます。そうすると体調を崩しやすくなったり、血流がわるくなって体のあちこちがむくみやすくなったり、代謝が落ちることで贅肉が付きやすくなったりと全く良いことがありません。

料理に時間をかける余裕がある日は、なるべくデトックス作用がある食材、セロリやパプリカなどを含めた老廃物を体外へ排出し、体のむくみを解消しやすい食材を使って食事を作るようにしているのですが、3食毎回フレッシュな食材を使って料理という余裕がありません。

そこで、体を温め、代謝をアップさせるショウガを飲み物に混ぜて飲むようにしています。今、気に入っているのはショウガパウダーです。パウダーなのでさっと飲み物に溶ける上、ショウガの香りもしっかりとして辛みもほどよく残っているので飲み物が一層おいしくなりますし、飲むと胃の中がぽーっと熱くなるのがわかるくらい体が芯から温まります。このショウガパウダーを紅茶に入れて飲んだり、生姜湯にして飲んだり。

さらに、意外ですがコーヒーに入れてもなかなかおいしいのでお勧めです。

秋の肌の乾燥防止

年齢が高くなるにつれて、いかに美しい肌を保つかというのは誰でも課題であると思います。
私の場合数年前に比べて肌のかさつきや乾燥がこの秋全くなかったというのが、努力の成果でないかと思います。

いろんな総合的な内容があると思うのですが、知り合いから紹介してもらった今使っている化粧品もそれなりに効果があると思います。
乳酸菌で肌の潤いを保ちシワもなくしてしまうという内容だったのですが、その他にもいろいろと最先端の内容が含まれているようです。
ウソだと思って使ってみたのですが、高いだけあると思いました。

やはり年齢がいくと安物ばかり使っているとはじめはいいのですが、後でシワになってたり乾燥が目立ったりしています。
それでもパックは頻繁にしたほうがいいので、夏には安いローションで一週間に3度ほどマスクシートでパックをしていました。
去年よりも夏場に潤いをたくさん与えたのも、秋の乾燥を防げた内容の一つではないかと思います。
秋になって努力してもダメなので、肌の管理は日ごろからマメにしないといけないようです。