夏の季節はどこで何をしていても汗をかく

わたくしはアラフォー男子ですが、汗かき体質です。
太っているからという訳じゃなくて、標準的な体系なのに汗かきなのです。
北の雪国で暮らしており、根本的に暑いのが苦手です。

仕事については事務仕事で空調が効いているフロアが仕事場なので、すこしでも気温が高くなると汗が流れだします。
出張にもよくいきますが、移動の際には必ず汗をかいており汗はもとより、ニオイが気掛かりで仕方ないです。

そこで、吹き付けるタイプや塗るタイプの制汗剤をその時々によって変えるようにしています。
それから、無香料か微香料の匂いも使い分けています。
しかし、それらを使ったとしても、汗はかくので、その対策として、替えの下着を常に持っているのです。

いつもの生活では、田舎なので日常常に移動は車なので、車に積んでおけば、汗をかいたりした時に着替えられるのです。
夏の季節はどこで何をしていても汗をかくので、扇子や小型扇風機を常備しています。

一番役に立つのが、保冷剤ですね。
これでワキを冷やすと、あっという間に汗が止まるのです。
出かける時は保冷材がありません。

そういうときには、缶ジュースやペットボトルで代用しています。
これから先も様々な方法を試したいと思っている所です。

たまたま友達のお宅に招かれたときのことなのですが、もう気候も肌寒くなっていたのでデオドラントを付けないで、ていうか塗り忘れて出かけてしまったのです。

そうして友達の家で話をしたりしていると、急に何となく脇の下の匂いがしてきたので、どうしていいのか迷ってしまいました。
このままでは友人の気分を害してしまうかもしれないと思って、急いでお手洗いを借り、下着替わりに来ていたTシャツを脱ぎました。

それからその後、制汗剤は持って来ていなかったのですが、携帯用除菌ウェットティシュをバッグに入れてあったので、それを利用してワキをきれいに拭いて服を着なおしました。
インナー代わりに着ていたTシャツだけは脱いだのでバッグに入れて置きましたが、これだけでも全く臭わなくなってくれたので気が楽になりました。

不意にニオイがしてきたので天気に関わらず毎日せめて脇の下だけは臭いのケアはきちんとしておかないといけないと痛感しました。
その日は偶然鞄の中に除菌ウェットティシュがあったから何とかなりましたが、もし持っていなかったらだんだんニオイが広まって、友達に不快な思いをさせてしまっていたかもしれないので、バッグの中にこれからデオドラントグッズを持ち歩いていようと思います。

お仕事の時に人とすごく近い距離で対応する事が多いのでどうしても自分自身の汗のにおいには過敏になっています。
なかでも初夏あたりから汗のにおいをさせないように様々な制汗剤やボディースプレーを試しています。

相手から汗の臭いがしてくると自分自身もこんな風に汗の臭いを漂わせているのかもとドキドキしてきて、その都度トイレに行って処置を施すようにしています。
汗のニオイに現時点で効果があると思うのが制汗スプレーや液状タイプの物ではなく、スティックタイプの制汗剤で、じかに塗ると出勤前に塗れば夕方くらいまでにおいが気になることはありません。

気に入っているのはデオナチュレソフトストーンWでもう何度もリピートして購入しています。
これは暑い時期だけでなく、冬時に重ね着をしていて発汗してしまったときの臭い対策にもなるので一年中使えますし、何より無香料なのでどんなお客様にも不快な思いをさせずに済み助かります。
体臭は当の本人は認識できないまま他人を悩ませている事が多いため、しっかりとケアをしてできるだけガードできるように心掛ける事が大切です。

「体臭」って自分ではなかなか気づきにくいものですが、だからこそワタシは若いころから髪の毛や脇や汗の不快臭がしないかといつも不安に思っていました。
それこそティーンエイジャーの頃には必要以上に自身のニオイを心配していました。
しかし昔は感じたことがなかった体臭でこのところちょっと臭くなってきた場所があります。

それは「足」でして、以前はわたしの足裏は無臭だと自信を持って言えていたのですが、社会人になりブーツ系の靴を着用する機会が増えてくると、靴をぬいだあとの足から漂う匂いがとても鼻につくようになりました。
おまけに気に掛かるだけじゃなく、本当に臭い蒸れたような匂いが私自身の足裏からプーンとしてきます。
自分がそういう靴にするときにはパンストなどを着用してからの事が殆どなのですが、そうやっていても足元や靴自体からムワッと臭います。

さらに夏場に靴下なしで何か履いても臭いは冬の時とあまり変わりません。
ですから「足&シューズ」は常にキレイをキープするようにしているのですが、そうしていてもシューズを脱いだ時に残念ながらムワッとくるので、困っています。