髪は肌よりも気を使って手入れするように

美容について気を付けていることは髪を綺麗に保つことです。
髪の毛は毎日お手入れしますし、それも1日に何回もやる事なので、毎回慎重に髪の毛が傷つかないように気を使っています。
髪の毛は肌と違って、悪くなってしまった部分を自分のチカラで治したりするような力はありません。

肌を傷めてしまった場合肌が持っている力で治せますが、髪の毛にそんな力はありません。
その為髪は肌よりも気を使って手入れしています。
私の場合髪の毛を洗い過ぎないように気遣っていますが、毎日のように髪の毛は洗わなくてもいいと気が付いてから髪の毛の様子をみてシャンプーするようにしています。

髪の毛や頭皮のヨゴレが気になったときにだけ髪を優しく洗うようにしています。
髪が擦りあわないように洗うのでちょっと時間がかかるけれど、高品質のシャンプーを使っているので泡でトリートメントができて一石二鳥だと思います。
高品質のシャンプーを使用した方が綺麗な髪になります。

美肌のために日ごろから睡眠に気をつけるようにしています。
TVや雑誌でも言われているように、美容と睡眠は密接な関係があるということで、睡眠不足は大敵と言われています。
睡眠中は、成長ホルモンという肌の細胞分裂を活発にするホルモンが分泌されるため、十分に睡眠をとることできれいな肌を維持できます。

だからといって寝たいだけ寝ればいいのかというとそういう訳でもなく、眠りの質を高めることが大事なことのようです。
成長ホルモンというのは、就寝してから3~4時間までが1日のなかでいちばん多く分泌されるようなのです。
しきりに「22時から翌2時までの間に眠りにつけば、成長ホルモンが沢山分泌される」ということが主流になっていますが、この解釈は違って、そうではなく、あくまでも眠ってから3~4時間の間の時間のことを表しているらしいのです。

わたしは夜型生活なのですが、寝るのが遅くてもその人なりの生活習慣に従って眠るようにさえすれば、大丈夫ということです。
何にせよ質の良い眠りとは熟睡できることを言います。
眠る環境を整えて、質の高い睡眠がとれるように気をつけています。

肌にとっては、乾燥というのは可能な限り控えた方がいいようです。
乾燥してしまった場合お肌の水分が抜けてしまい、はり・ツヤのないお肌になってしまうのです。
室内でエアコンを使用していると、加湿器が動いてたとしても乾燥してしまうのです。

なので常に乾燥対策はしっかりと行うように心がけています。
スプレー化粧水があるので、こまめに使うようにしています。
吹き付けて使用するタイプなので、メイクをしてもその上から使うことが出来るというのが長所です。
ベースメイクにおいても美容成分が含まれているCCクリームやファンデを使って、乾燥を極力抑えるようにはしています。

そうするだけでお肌の乾燥も多少抑える事ができているのかななんて思っています。
スプレー化粧水はちょっと離して使うと顔全体に広がるので、ムラなく吹きつけることが出来ます。
それ以外にもカラダの内部にも水分をできるだけ取り込むように、意識してお水を摂るように気を使っています。
これもお肌に効果があるようです。