早寝早起き、そして運動の生活リズム

早寝早起き、そして運動。
この忙しい現代社会の中では難しいと感じるかもしれませんが是非実践することをお勧めします。

私は夜は極力22:00、おそくとも23:00までには床につくようにしています。そして朝は5:00起床。
会社の出社時間は8:00のため3時間もあるため心と時間に余裕ができ、この点でまず心身共に充実したように感じられます。

そしてゆっくりとコーヒー等を飲んで体を起こした後、簡単なストレッチ運動を行ってください。
体と共に内臓も起きてきますので排泄が促されます。

そして空っぽになった体にバナナ一本分の栄養を与え、軽い筋肉トレーニング(ダンベル体操等)、もしくは20~30分程度の軽い有酸素運動(踏み台昇降運動等)を行ってください。
その一日にとてつもなく大きな活力を与えてくれることでしょう。

朝運動したことにより昼食もたくさん食べれますし、夜も早めにもりもり食べて、そして早めに床につく。
この生活リズムを体に覚えさせることにより、スムーズな排泄、適度な運動、健康的な食生活、そしてストレスの軽減、忙しい現代社会を生きる様々な人が抱える悩みをこの「早寝早起き、そして運動」が解決してくれる事と思います。

ただし、三日坊主は厳禁。
最低でも1ヶ月は継続する事でからだがリズムを覚えてくれ事でしょう!

塩分を摂りすぎない!

私が美容、そして健康のために気を付けている一番大切なことは、「塩分を摂りすぎない」ことです。

どんなに良いご飯を食べて、適度にちゃんと運動もして、自分に合ったコスメでケアしていようとも、塩分の摂りすぎは全部の努力を台無しにしてしまいます。
塩分が多いと、まずはたくさんの女性を悩ませている「むくみ」の原因になります。水分を必要以上に欲しくなるのも、トイレ頻度が高くなってしまっていけません。

また、高血圧になるといつも体がだるかったり、ちょっとした運動でめまいや息切れのもとにもなります。肌の色も悪くなるし、疲れた顔で毎日を過ごしたくはないですよね。肌が弱いと、塩分が多いだけで肌荒れの原因になってしまうこともあります。

もともと、日本人は塩分を摂りすぎる傾向が多いようです。塩っぽい味付けが好きだったり、外食になると濃い味付けが多いので自然と一日の摂取目標量を超えてしまうのだろう。だからこそ、いつも塩分に注意することを心掛けていなければいけません。